Home » 未分類 » キムチの種類について

キムチには色々な種類があります。
その分味の種類もたくさんあります。
キムチ好きな人は色々なキムチを買ってその味や風味を試して自分好みのキムチを探している人もいるかもしれませんね。
ではキムチの種類について少し紹介したいと思います。

まずキムチの主原料である白菜は、収穫する時期によって味が変わります。
キムチと言えば一年中スーパーなどに出回っていると思うのですが、全て同じ産地で採れたものとは限りません。
その産地の土壌や育った環境によっても異なってきます。
高級キムチがありますが、これは産地の土壌などがとても優良で育て方などにもかなりのこだわりを持っていることが多いですね。
白菜単品だと青の味の違いを比較することはほとんどないと思うのですが、キムチの場合好きな人は少しの味の変化にも気づくことが多いです。
同じメーカーのキムチなのに、前回と比べて若干甘味が少ないとか感じる時は季節によって白菜の味が変化している可能性もあると思いますね。

また日本人の場合主原料は白菜というイメージですが、キムチには白菜以外の野菜を使ったものもたくさんあります。
たとえばキュウリや大根ですが、大根キムチの種類は白菜キムチよりも多いと言われています。
白菜に比べて大根キムチはボリューム感がありますし、白菜にはない栄養素が多く含まれています。
特に冬場は、大根に含まれる成分が体の代謝を良くしたり体を温める働きをしてくれるので、大根キムチの需要が多くなる傾向にあるんですよ。
市販のキムチの使用原材料を見てみると、珍しい野菜が入っていることもあります。
ご存知の通り野菜にはたくさんの栄養成分が含まれていますし、キムチにすることで体の冷えを解消して温める効果がアップします。

女性の場合冷え性などで悩んでいる人もキムチを非日常的に食べることで体全体の代謝が良くなって体調不良が改善されたという報告もあります。
過剰摂取はお奨めできませんが、健康のためにもキムチを食卓に並べてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
キムチ 通販 送料無料