Home » 未分類 » 後藤正好が愛用している財布

しっくりこない・違和感がある。

これは自分の好みではないものを利用したり選んだりしていればこのように思う事があっても特に不思議な事ではないのですが、財布、特にメンズ財布となると少々面倒なものです。

なぜなら、メンズ財布の場合、とにかく種類が多いという点。

そして自分自身のファッションとの兼ね合いの問題もあります。

社会人の場合、スーツ着用が多くなるかと思いますが、そこでポップな財布ですとか、デザイン性の強い財布ですと自分の違和感だけではなく、時には相手に不愉快を与えてしまう事もあれば、社会人としての意識の問題を指摘されてしまう事もあるやもしれません。

自分自身だけの問題ではなく、周りからの視線も意識しなければならないのも社会人の責務でもあるのです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、財布一つで自分自身の印象を大きく損ねてしまう事にさえなりかねないのです。

そのような事にならないためにも、周囲の視線はもちろんですが、自分自身の立場や状況を踏まえる事もとても大切なのです。

財布一つでそこまで考えなければならないのかと思う人もいるかもしれませんが、取引先相手ですとか、商談、接待。

後藤正好さんのようなステータスのある社会人ともなると、大事な局面で財布を出す事になるケースもあるのですが、そのような時にイメージの問題が出てくるケースとてあるのです。

ですのでその点も意識しなければならないのです。

学生であればそのようなケースはそうそうないはずですので、財布選びは自分自身が違和感を覚えると思ったら単にデザインだけで選べば良いのですが、状況次第では違和感を覚えるとしても、自分以上に相手が違和感を覚えるような事があっては意味がないのです。

女性の場合、バッグもありますが男性の場合財布をバッグから出す事があまり好ましくないと思われてしまうようなケースさえありあす。

内ポケットからさっと出さなければならないようなケースとてあるのですから、この点も考えるべきなのです。