Home » 未分類 » 起業家が資金調達をするときに有利な創業融資

起業をする際に、一番の問題となるのが資金調達です。

すでに実績がある起業家なら、比較的資金は集めやすいでしょう。

しかし、ほとんどの起業家には、起業の実績はありません。

資金調達のツテはなく、銀行などの金融機関に融資の申し込みをしても、認められないことは多々あります。

そのため、起業をする前の資金調達で、躓いてしまうこともあるほどです。

 

資金調達のノウハウを持つことは、起業家にとって大切なポイントと言えるでしょう。

これから起業を考えている人に、知っておいて欲しいのが創業融資です。

創業融資は、政府系の銀行が行っている融資制度の一つです。

これから創業や事業の拡大を目指す方を対象にしており、一般的な融資よりも好条件で資金を調達することができます。

好条件である最大の理由は、最大1,500万円を無担保で借りられることです。

資産のない企業にとっては、無担保で借りられるメリットは大きいでしょう。

 

また、必要ないのは担保だけでなく、連帯保証人も必要ありません。

銀行などの融資では、経営者自身が連帯保証人になる必要があります。

そのため、もし事業に失敗をしたら経営者に責任が及ぶので、リスクが大きく起業のハードルをあげる理由になっています。

しかし、連帯保証人が必要ないなら、経営者のリスクは低減されます。

リスクが気になると融資を申し込みにくくなりますが、有利な条件で借りられる創業融資なら、安心して申し込みができるでしょう。

 

もう一つのメリットは、融資までのスピードが速いことです。

一般的な企業向けの融資制度では、審査に時間がかかり2ヶ月以上先になることもあります。

申し込みから2ヶ月以上待たされてしまうと、その間のビジネスに支障をきたす恐れがあります。

2ヶ月待たされた上に融資を受けられなかったら、大きなダメージを負うことにもなるでしょう。

創業融資は融資のスピードが非常に速く、申し込みから1ヶ月半で融資を受けることができます。

1ヶ月程度速く融資を受けることができるので、創業間もない企業にとっては助かるポイントです。

 

このように創業融資は、起業直後には非常に魅力的な融資制度です。

しかし、借り手に有利条件ばかりではなく、金利が高いデメリットがあります。

とはいえ、実績のない企業に対して素早く融資をしてくれる制度は、他にはないメリットです。

金利が高いと言っても若干なので、起業をしたいけど資金調達に困っているなら、利用してみると良いでしょう。

創業融資 大阪より抜粋