Home » 未分類 » 日本ユニセフの活動と歴史

■ユニセフって?

そもそも、ユニセフとはどのような機関なのでしょうか。

まず、ユニセフとは国連が実施している機関であり、国連と言えば、世界の人々の人権を守るべく活動をしている世界的な組織です。

現在では、北朝鮮の子供達が貧困に喘いでいるということなどを調査している他、ISと呼ばれるテロ組織が、多くの人々を迫害していることから、貧困に苦しむ人々がいることに警鐘を鳴らしている機関です。

また、過去にはナチスドイツのユダヤ人迫害に関しての調査を行ったこともある、とされています。

このように、人々、世界中の人たちの人道支援、人権を守るべく存在する機関であり、日本で活躍、活動を行っている機関が日本ユニセフであると言われています。

それでは、日本ユニセフが行っている活動について、どのようなものが存在するのでしょうか。

よく、小学校に入ると、まずユニセフという言葉を先生から耳にする学校が多いとされています。

同じ学年、年齢の子供達が、自分たちとはことなり、学校に行くことも食べるものがない、ということもここで子どもたちは知らされます。

このような説明がなされるのですが、貧困の子供達が置かれている状況とはどういったものなのでしょうか。

■ユニセフを介した援助の種類

まず、日本ユニセフもホームページなどや活動のチラシなどを見れば分かるように、主に黒人の方が多く、治安が安定していないような地域で、食べることも出来ず、餓死をしていく子供たちの状況が知らされます。

同時に、医療が発達していない、適正な医療が受けられないということから、何万人もの方が亡くなっていく、という事実を知らされます。

では、このような悲惨な状況を少しでも改善するために、日本ユニセフを通して可能な援助にはどういった種類のものがあるのでしょうか。

よく、お子さんたちが目にするものとして、印象深いものは、やはりスーパーマーケットなどに設置がされている募金箱です。

こうした募金箱は日本の色々な店舗に設置がされているため、見たことがない、という方はかなり少ないというほど、多く設置がされています。

このような設置に関しても日本ユニセフが活動などを行っており、スーパーマーケットや飲食店で置きたいという希望を出してくれた店舗さんを対象などに、募金箱が設置されています。

また、昨今ではクレジットカードを現金よりも利用する方が増加したことから、これらのポイントの一部などを、募金としてユニセフに贈ることが出来るシステムも整ってきています。