Home » 未分類 » 電力コスト削減をサポートしてくれる電子ブレーカー

多くの職場は電気を使って業務を行うことが前提となっており、電気なくしては業務自体が成り立たないという業種も多いでしょう。

工場などで直接工具を動かすのはもちろん、今や事務業務にもパソコンは必須となっており、こちらでもやはり電気は必要となります。

快適に業務を行うためにはエアコンが必須ですし、電灯やコピー機、シュレッダー、給湯器など、職場の中でも電気を使う品物は数多く存在しています。

これらの品々は無くてはならないものですが、一方で月々の電気代が負担となるのも確かです。

工場やショップ、あるいはもっと規模が小さい商店などであっても、業務を行う上で使用する電気は莫大なものになります。

たくさん電気を使うことを見越して電気力会社とは大きめのアンペア契約を行っているという事例も多いでしょう。

職場の電力はコスト削減の対象に頻繁に挙げられますが、基本的には社員がこまめに電気を消す、パソコンをシャットダウンするといった程度で、アンペア自体は大きめに契約したままという会社も多いはずです。

電機ブレーカーの概要

そんな職場のコスト削減に一役買ってくれるのが、電子ブレーカーです。

低圧電力のコストを抑えるために大きな力を発揮してくれる電子ブレーカーは、電力をコントロールするためのCPUを搭載し、低圧電力を上手にコントロールしてくれます。

一般家庭で利用される従量電灯に比べて、業務用に利用される低圧電力は基本料金が高くなりがちです。

もちろん大きな電力を必要とする職場ほど、大きなアンペア契約を結ぶことになり、これに従って基本料金も上がっていきます。

いくら細かな部分でコスト削減を目指したとしても、大元となるアンペア契約の削減自体は、社員の努力で賄えるものではありません。

しかし電子ブレーカーを導入することにより、アンペア契約を変更し、もっと小さなアンペアで電力会社と契約し直すことができるようになります。

アンペアが低くなった分だけ基本料金が下がり、支払う電気代も安くなるのです。

基本料金を変更することでコスト削減に成功したからといって、従来の業務ができなくなってしまっては元も子もありません。

業務はスムーズに行われることが前提であり、電気はこれを支えるものです。

ブレーカーを変えることでいつもの仕事ができなくなるのでは、と心配する人も多いでしょう。

しかし電子ブレーカーの導入によって業務が阻害されることはなく、通常通りの仕事が行えます。

また、導入によって他の機械に影響を与えたり、電圧を弱くしてしまうといった害もないため、この点でも安心することができるでしょう。

現在利用しているブレーカーはそのまま親ブレーカーとして活用することができるようになり、万が一、過電流が発生した場合にはこの親ブレーカーが電力の遮断を行います。

導入の手間自体は必要とするものの、これまで使っていた機械などを変更する必要もなく、ブレーカーもそのまま流用できるなど、安全面でも従来通りとなっています。

電機ブレーカーを導入するには

導入メリットが多数ある電子ブレーカーですが、一般向けのホームセンターや家電量販店などでは購入することができません。

これは基本的に低圧電力向けの商品であり、家庭向けの商品ではないという理由が挙げられます。

大規模な電力を使うことを前提とした低圧電力は、あくまで工場などの業務向けのものです。

一般家庭は電力会社と従量電灯で契約を結び、低圧電力契約となることはまずないでしょう。

このため導入のためにはメーカーや販売店から直接購入することになります。

メーカー側では購入の際にはその職場ごとに最適な機種の調査を行い、設置やメンテナンスも手掛けてくれます。

一口に工場、職場とくくってもその業態は実にさまざまで、使用する電力や、使っている機械もまったく違うものです。

メーカーや販売店が調査の上で設置を行うことは、設置後も安全に電気を使っていくために必要な一手間と言えるでしょう。

電子ブレーカー導入により、コスト削減が期待できる業種は数多くあります。

製造業では印刷や石材、プラスチック加工、精米など、取り扱っている業務自体も多彩です。

農業や水産業、牧場などでも導入が期待されます。

製造業以外ではスーパーマーケットやガソリンスタンド、レストラン、自動車メンテナンス業など、電気をたくさん利用していて、契約アンペア数が高い業種ならばコスト削減を目指せます。

電力を利用して業務を行う以上、電力のコスト削減はそれぞれの職場にとって宿命でもあります。

減らせないものと思い込んで諦めてしまうのではなく、導入によってその効果を試してみるだけの価値はあるものです。

電気の契約形態などは、通常ならばあまり意識しないものですが、あらためて考えるための良いきっかけともなります。

少しでもコストを削減し、より良い仕事を行うために、あるいは社員や従業員に利益を還元していくためにも、新しい形を持ったブレーカーの存在は大きなヒントとなるはずです。

※ネオコーポレーションはこちら→http://impma.com/